TOP私たちの診療Tips

私たちの診療Tips

当科の診療からの学びをおすそ分けします。適宜更新しますので、お役に⽴てたら嬉しいです!
なお、紹介したエビデンスは⾃分の患者さんに当てはまるかは検討が必要ですのでご注意を。

キーワード検索

アイデア出しのマンダラート

比喩を作ったりするのにアイデアが出なくて困ることはありませんか?
パっと浮かんだアイデアに飛びつくと,だいたいうまくいかない(というか実はもっといいアイデアがあったのに逃してしまう)と言われており,アイデア出しはとにかく数を出すことが重要です.
そこでアイデア出しではある程度,数を出すことを目標にしましょう.そのためのツールとして今回はマンダラートを紹介します.

テクニカル系の説明で比喩を使う

みなさんは専門的な説明をする際に,比喩は使っているでしょうか?専門的な説明は時として説明自体も困難な場合があり,聞いている方にとっては説明すら説明になっていないことが結構あります.
そんなときには比喩を用いて,聴衆の体験につなげることで理解がしやすくなることがあります.
比喩の作り方をアイデア出しの本の内容とリンクさせました.

ストーリーテリングとポートフォリオ

プレゼン本にはよく出てきますが,具体的にどうやっているかわからず導入しづらいことも多いと思います.
今回はストーリーテリングの典型パターンを紹介し,プレゼンとポートフォリオにどう生かすかを提案します.
ストーリーテリングがよくわからない人,PF書き始めの人にオススメ.

クロージング 締めの六手

最後のカタルシスや余韻って大事です.

プレゼンの目的は相手のアクションにつなげるためのもうひと押しをクロージングで行いましょう

一般的なクロージングのパターンを紹介します.

寒くならないアイスブレイク

アイスブレイク,色んなところでありますよね.でも逆にアイスブレイクで寒くなることはありませんか?
今回はテレビゲームのチュートリアルの作り方を参考に寒くならない(と信じたい)アイスブレイクの方法の提案です.

オープニングをなんとかせよ!中級編

初級編に引き続き発表内容に興味を持ってもらうための下ごしらえとして重要です.
中級編では映画のオープニングを取り入れた方法を提案します.

オープニングをなんとかせよ!入門編

プレゼンで聴衆に面白そうだなと思わせるオープニングの基礎編です.
代表的な4つのパターンの紹介です.

 

プレゼンのキーメッセージは何か?

プレゼン構築で私達が一番重要だと考えているキーメッセージについてです.
学会発表とかで色々情報はあるけど,「結局何が言いたいの?」というプレゼンを目にすることもあるのではないでしょうか?
プレゼンターが最も伝えたいはずのキーメッセージが定まっていないとだいたいそんな感じのプレゼンになります.
東京北で症例報告やレクチャー,執筆をデザインするときには必ず「キーメッセージは何か?」ということから始めています.

カテゴリー

キーワード検索

私たちと一緒にロールキャベツ系総診目指しませんか!?

  • EBMを実践したい方
  • 「患者全体を診る」診療医師を目指している方
  • 総合診療科が確立している体制の上で医師として活躍したい方
  • 病院総合診療医を目指している方
  • 家庭医として地域で活躍したい方
  • 離島やへき地の診療所で活躍したい方
  • 初期臨床研修医の方

    新たなる一歩を踏み出した君
    なんでも診られる医師を
    目指しませんか!?

  • 専攻医の方

    まだ間に合います!
    総合診療専門医
    目指し直してみませんか

  • 現役医師の方

    これからの日本に
    求められる
    「総合診療医」をお考えなら
    東京北総診へ

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ